1.PNG                                                                                                          詳しくはこちらへ                                                                                                         ↓  ↓  ↓  ↓                                                                                                            宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法  

2017年01月13日

独占業務1 物件に関する重要事項の説明

独占業務1 物件に関する重要事項の説明

不動産取引では大きな金銭や、契約関係の変動があります。
その際にトラブルが起きないように、アパートを賃貸したりマンションを買ったりする場合の契約前に、売り主・貸し主側は必ずその物件に関する重要事項を買い主、借り主に説明する義務があります。
posted by きし at 21:41| Comment(0) | 宅建について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅地建物取引士の独占業務

宅建士には、法律で宅建士以外が行うことを禁止されている独占業務が3つあります。
今回はその3つについてご紹介します。
posted by きし at 21:41| Comment(0) | 宅建について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅地建物取引士とはどんな資格か?

宅建もしくは宅建士とは、不動産取引にかかわる国家資格である「宅地建物取引士」の略称です。

2015年3月までは「宅地建物取引主任者」という名前でしたが、2015年4月から「宅地建物取引士」と名称が変わり、「宅建士」と呼ばれることもあります。

今のところ、長年親しまれた「宅建」の方がまだ浸透しているかもしれません。

この、宅建士が国家資格の中でも有数の受験者数を誇るのには、宅建士の「独占業務」と「設置義務」が大きく影響しています。
posted by きし at 21:40| Comment(0) | 宅建について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1.PNG                                                                                                          詳しくはこちらへ                                                                                                         ↓  ↓  ↓  ↓                                                                                                            宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法