1.PNG                                                                                                          詳しくはこちらへ                                                                                                         ↓  ↓  ↓  ↓                                                                                                            宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法  

2017年01月13日

今後は更に難易度が上がるのか?

2015年から「宅建士」に名称が変更されたことで、試験内容や難易度、
合格率が変動するのかに大きな関心が集まっています。

結論からいえば、そうなることが予測されます。
しかし今すぐにではありません。
むしろ2015年の初年度に至っては、難易度は幾分優しくなることが予想されます。

また本試験の問題もこれまでと大幅な変更もないため、これから受験を考えている方は焦る必要はありません。
しかし長い目で見れば難易度は上がってくることが予想されるため、早めの取得をオススメします。
posted by きし at 21:47| Comment(0) | 宅建について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

士業に格上げの宅建!2017年から難易度は上昇する?

「宅地建物取引主任者」から「宅建取引士」に名称が変わった宅建資格。
毎年3万人が受験をする大人気の資格です。

「士業になったことで試験は難しくなる?」
「難易度が上昇するの?」など、人気資格の今後を解説します。



posted by きし at 21:46| Comment(0) | 宅建について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宅建と他の国家資格の勉強時間を比較してみた!

宅建士試験の合格に必要な勉強時間は、一般的は250時間〜300時間と言われています。

それでは、他の「士」のつくような国家資格との比較では、どのような位置づけになるのでしょうか。


旧司法試験 約10,000時間 ※1.50%
司法書士 約3,000時間 3.9%
公認会計士 約3,000時間 短答式 13.8%
論文式 10.3%
弁理士 約3,000時間 6.6%
不動産鑑定士 約2,000時間 短答式 30.6%
論文式 14.2%
税理士 約2,000時間 18.1%
土地家屋調査士 約1,500時間 8.8%
中小企業診断士 約1,500時間 1次26.0%
2次19.1%
社会保険労務士 約1,000時間 2.6%
行政書士 約700時間 13.1%
マンション管理士 約600時間 8.2%
宅地建物取引士 約300時間 15.4%
posted by きし at 21:44| Comment(0) | 宅建について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
1.PNG                                                                                                          詳しくはこちらへ                                                                                                         ↓  ↓  ↓  ↓                                                                                                            宅建試験に独学で最短合格する坪式学習法